キャスティングテスト CASE 2 / 各種資料 / アベイルの釣具オプション・改造パーツ

キャスティングテスト CASE 2

Ambassadeur 1601C UltraMAG について、純正スプールと弊社製"Microcast Spool SX1600A"を比較してみました。また、"Microcast Spool SX1600A"にオプションの"Microcast Brake SXA-type"を取り付けての比較もしてみました。参考になればと思います。

内容

1)Ambassadeur 1601C UltraMAG の純正スプールと、軽量浅溝スプールの比較
2)軽量スプールに、マグネットブレーキを搭載したときのブレーキ調整の方法

テスト環境
リールABU Ambassadeur 1601C UltraMAG
ロッド6’6" ミディアム (Combat Stick The "Warrior")
ラインナイロン14lb スプールのリムから約3o減らした高さに巻きました
プラグ18g シンキングのバイブレーション
(TDバイブ 74mm 18g シンキング)
その他飛距離を出すべく、思いきり手首を返すようにキャスト。
機械ブレーキは全く効かない状態にしました。(ほんの少し回すと、効き始めるところ)
今回は、ほぼ無風の中のテストでした。

純正スプール(リール内)と、"Microcast Spool SX1600A"です。

両方のスプールとも、こんな感じの糸巻き量です。

1) Ambassadeur 1601C UltraMAG の純正スプールと、軽量浅溝スプールの比較

純正スプールの場合、死に糸の量がかなりあるため、重量的にはかなり重くなります。(約21.3g) ブレーキ力は、Maxの15くらいにしないと、糸ふけが発生してきます。 ほぼ調整がきかないような状態です。(ちょっと不思議・・・) ルアーウェイトが重いため、かなりのパワーでスプールの回転を立ち上げていきます。 キャスト直後は、スプールの重さにより、高回転を維持し続けようとするために、糸ふけが長い間発生します。

軽量浅溝スプールの場合、重量は軽くなります。(約12.6g : 41%軽量化) こちらのブレーキ力もMaxに近い14くらいにしないと、バックラッシュの危険性があります。 かなりブレーキ力が弱くなるかと思っていた(15でもバックラッシュするかなぁ?と思っていた)のですが、回転するスプール全体の重量が軽くなっているために、意外にも純正のマグネットブレーキのみでも使用出来ました。 しかし、やはり調整範囲は狭くなり、ルアーウェイトを変えたときには、15でもバックラッシュするかもしれませんね。
キャスト時の感覚ですが、明らかにスプール回転の立ち上がりが軽く感じられます。 すばやく立ち上がり、飛び出し直後のルアーの減速が少なく感じます。 飛距離も純正スプールと比べ、明らかに数m〜10m程、伸びているのが分かります。 (実測はしてませんが、キャスト位置からの見た感じでは明らかです。) この手の重さのルアーの場合、飛距離に対するアドバンテージもあると思われます。

結果 : いずれのスプールも、目盛り15くらいにしないと、バックラッシュの発生の可能性あり。 また、軽量浅溝スプールの、飛距離に対する優位性も確認できました。

2) 軽量スプールに、マグネットブレーキを搭載したときのブレーキ調整の方法

開発中のマグネットブレーキです。

こんな感じで、リールに組み込みます。(ベアリングのハウジングに押し込みます)
"デュアルマグブレーキ"とでも言いましょうか・・・・。

軽量浅溝スプールに、写真のようなマグネットブレーキを取り付け、磁石の個数と、ブレーキの効きを検証します。磁石はすぐ隣に足していき、N極とS極が交互になるように配置します。

磁石と糸ふけについて
磁石の個数糸ふけの有無
0個これは1)のテストと同様で、ブレーキ調整は14以上で糸ふけが抑えられます。
1個ブレーキ調整は12以上で糸ふけが抑えられます。 ブレーキの調整範囲は少しだけ広がりますね。
2個ブレーキ調整は、9以上で糸ふけが抑えられます。 さらにブレーキの調整範囲が広がります。
3個ブレーキ調整は一気に1まで移ります。 ちょうど1くらいが、糸ふけが出るか出ないの境目ですね。 逆に調整範囲が狭くなります。
4個ますますブレーキが強くなり、ブレーキ調整1でも、飛距離が落ちるようになります。 今回のタックルの組み合わせの場合は、4ヶでは多過ぎということになります。
ブレーキ調整の目盛り 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15
磁石の個数0個
磁石の個数1個
磁石の個数2個
磁石の個数3個
磁石の個数4個

色の説明

ブレーキ力が足りなく、明らかにバックラッシュする範囲
かなりの確率でバックラッシュする範囲
糸ふけが出やすく、バックラッシュしやすい範囲
糸ふけが出にくく、ちょうど良い調整範囲
ブレーキが効きすぎ、明らかに飛距離が落ちる範囲

おおよそこんな感じになりますでしょうか・・・。 磁石の個数2ヶと3ヶの間に大きな違いが出ますので、どちらかの設定でほとんどの範囲をカバーできるのではないかと思います。 あくまでも今回のタックルでの話ですので、全ての場合に当てはまるわけではありません。 いろいろ試してみてください。

結果 : オプションのマグネットブレーキですが、磁石は4ヶ付属させる予定です。この数でほとんどの調整が可能だと思われます。磁石の個数で大まかなブレーキ力を決め、リール本体のダイヤルで微調整するという使い方が良いかと思われます。

まとめ

軽量浅溝スプールの飛距離に対する優位性が明らかになりました。
軽いものをキャストする場合以外でも、ぜひお試し下さい!!
オプションのマグネットブレーキですが、純正マグネットブレーキと併用することで、その調整幅を広げることが出来ます。性能的にも満足な結果になりましたので、スプールとブレーキを併せてご使用いただくことを、お薦めいたします。

今後、軽量ルアーのキャストテストを試みたいと思います。