Microcast Spool 5000S OLD 装着例 / ショップ / 釣具のオプション・カスタムパーツ屋アベイル

Microcast Spool 5000S OLD 装着例

Microcast Spool 5000S OLD
Microcast Spool 5000CS OLD 装着例など

写真が大きいですが、装着したリールを掲載してみます。 手持ちのリールですので、見にくい部分もあるかと思いますが、ご了承下さい。 下の方には、現在では互換性のないスプールを掲載しますので、参考にして下さい。

ABU Ambassadeur 5000 (4スクリュー) ブロンズブッシングのモデルです。

このリールの純正スプールは、下の写真になります。細軸です。 軸の付け根の左右両方に、平取りした面が付いています。 アルミ製コグホイール(ギヤ)を移植しますが、このスプールのギヤは、固着してしまって外れません・・・。

ABU Ambassadeur 5000 リムが山型です。 こちらもブロンズブッシングです。 スプールは、糸巻き面がシルバーの太軸でした。

ABU Ambassadeur 5000D です。ブロンズブッシングです。 こちらのリールにも、太軸の純正スプールが付いていました。

こちらのリールには、下のスプールが純正となります。 5000Dには、ラインアラームの機構がありますが、アラームを鳴らすギヤ部分(白い樹脂の部分)は、今のところ移植できません。 ギヤの下の円盤でギヤを押さえているため、移植するには別パーツを入れる必要があります。 今後製作予定です。 アルミの部分は、移植可能ですので、ラインアラームを使用しなければ、特に問題ございません。 おそらく5000Bも一緒ではないかと思います。(持っていないため、未確認ですが・・・・)

ABU Ambassadeur 5001C です。軸受けはボールベアリングです。 後期のモデルに、5001Cという名前のハイスピードモデルがありますが、そちらは5500Cと同じスプールになりますので、 今回のスプールでは対応できません。

純正スプールですが、写真のような軸形状になります。 ベアリングのはまる部分のみ、直径3.0mmにしているため、軸の先端に段差があります。 両側とも同じです。

以前、スプールだけ購入したものです。こちらもブロンズブッシングのモデルになるかと思います。

こちらもスプールだけ購入しました。 スプールケースには、5000 SPRINTとマジックで手書きしてありました。 軸に段差はないですが、ベアリングがはまる太さです。 コグホイールが樹脂一体成型となっており、軸の奥で引っ掛かってとまっています。 軸の全長が短いです。 こちらは互換性のないスプールの一つです。

こちらは5500C(シルバーカラー)の純正スプールです。 遠心ブレーキの軸の根本が太くなっていて、その部分を引っかけて駆動するため、遠心ブレーキ側には切りカキがありません。

こちらのスプールは、5500Cで、マミヤ時代の復刻品のスプールのようです。 ブルーグレーの5500Cに装着されていました。 コグホイールまわりの寸法が、上の5500C用とは違うようです。

お手持ちのリールに適合するかどうかは、お気軽にお問い合わせ下さい。
できれば写真などありますと、判断が早くできると思います。