ショップ/アベイルの釣具オプション・改造パーツ

Microcast Spool SXUM16, SXUM36 用 マグネットブレーキ

特長

弊社製軽量浅溝スプール"Microcast Spool SXUMシリーズ"の補助ブレーキです この商品は当社製スプールの専用ブレーキです

取り付け可能リールは、
ABU Garcia Ambassadeur SX 1600,1601,3600,3601 IVCB
ABU Garcia Ambassadeur SX 1600,1601,3600,3601 UltraMAG

また、それ以降のSX UltraMAGシリーズに対応いたします 純正のブレーキシステムの補助的なブレーキとして活用してください 磁石の個数でブレーキの効きを調整します

スプールの適合について

旧型スプールには、Microcast Brake SXA を選択してください。 (Microcast Spool SXUM16、SXUM36 および、SX1600A、SX3600A)

新型スプールには、Microcast Brake SXA40 を選択してください。 (Microcast Spool SXUM1640、SXUM3640)

IVCB(リールに付属)とマグネットブレーキを併用することも可能です 磁石は4ヶ付属いたします

※現在の本体カラーは白になります

使用方法

Microcast Brake SXA-type の取り付け方です。 Microcast Spool SXUM16, SXUM36 共通のパーツになります。

商品の内容です。 ブレーキ本体(左側)と、磁石4ヶ(右側)です。

本体に側面に空いている穴に、磁石をセットします。 最大5ヶ取り付けできますが、付属は4つです。 表面に、N極とS極が交互に並ぶようにします。 2ヶないしは3ヶがちょうどよい効き具合だと思います。

SX3601 IVCB を分解してみたところです。 スプールはMicrocast Spool SX3600A です。 他の適合機種も同様になりますので、参考にしてください。

本体のハンドル側にマグネットブレーキ本体を取り付けます。 スプールのベアリングが収まる場所(センターの飛び出した部分)に、写真のような向きで取り付けます。底面に触れるまで、強く押し込みます。

スプールを、ブレーキユニットが隠れるように取り付けます。 リールによっては、ベアリングがきつくなり、入りにくくなることもあるようです。

スプールのベアリングがきつくなり、奥まではまりにくい場合は・・・ 機械ブレーキの調整をかなりゆるめます。(センターのシルバーのつまみ) スプールに接触するピンが引っ込み、スプールをさらに奥まで入れることが出来るようになります。 そうすることでベアリングを押し込むことが出来ます。

あとは、ハンドル側ユニットと、フレーム本体を取り付けます。 機械ブレーキなどの調整をして、完了です。

磁石の取り外しですが、リール付属の六角レンチなど、金属製(鉄)プレートなどに、 磁石を吸着させておこなうと楽です。 磁石の個数ですが、最初は4ヶから試してください。 (3ヶないしは2ヶくらいがちょうど良いかと思います。) 効きが強すぎる場合は、一つずつ磁石を外し、試しながら調整します。 このマグネットブレーキを決めたあと、本体の純正ブレーキを調整してみてください。

スペック表

材質 ハウジング部分:ポリアセタール樹脂(黒色または白色)
内蔵金属部分:S45C (ニッケルメッキ)
磁石部分:ネオジム磁石
重量 本体:4.2g
磁石(φ4×3mm):0.27g(1ヶ)
磁石(φ4×4mm):0.38g(1ヶ)
主要サイズ 本体:φ21.7×13mm
磁石:φ4
磁石の最大取り付け数 5ヶ

商品購入


価格:¥3000
Microcast Brake SXA
(Microcast Spool SXUM36、SXUM16 専用)
ブレーキ本体、磁石4ヶのセットです
磁石はφ4×3mmになります
※現在の本体カラーは白になります

価格:¥3000
Microcast Brake SXA40
(Microcast Spool SXUM3640、SXUM1640 専用)
ブレーキ本体、磁石4ヶのセットです
磁石はφ4×4mmになります
※現在の本体カラーは白になります