スコーピオン1000 用 専用マグネットブレーキの取り付け方法
 / ショップ / アベイルの釣具オプション・改造パーツ

ABU Revo Elite IBの純正ブレーキを移植する方法

Revo Elite IBの純正ブレーキを弊社製スプールに取り付けるには、ブレーキシステムの分解、組立が必要です。
※分解はお客様の責任において、十分注意しながら作業してください。

純正スプールをリールから取り外します。
念のため、遠心ブレーキのブロックをすべてオフ(内側)にしておいてください。

ディスクを固定している皿ビスを外し、ディスクを取り外します。
ディスクの下には、細かな部品が多数収まっていますので、ディスクを外す際に注意が必要です。

ディスクの下の遠心ブレーキのパーツをすべて取り外します。
紛失にご注意ください。

スプール軸に取り付けてある、樹脂製のブレーキ本体を取り外します。ローレット部分に圧入されていますので、各方向から少しずつ持ち上げてゆるめてください。
最後に全体に力を加えまっすぐに引き抜いてください。
タコ糸などの丈夫なひもを凸部分に3か所程度引っかけて引き抜くと外しやすいかもしれません。
壊れやすいものではないと思いますが、無理な力を加えて破損させないようご注意ください。

スプール軸に樹脂カラーを写真のように取り付けてください。
軸に段差がありますので、止まるまで押し込んでください。
写真の位置が止まるまで押し込んだ状態です。

ブレーキユニットは取り付ける前にあらかじめ組み立てておいてください。
組み立てたユニットを樹脂カラーに押し込んで取り付けは完了です。
軸先端はディスクから5mm程度飛び出した位置になります。

前のページに戻る