ショップ/アベイルの釣具オプション・改造パーツ

シマノ カルカッタ コンクエスト100用 軽量浅溝スプール

※販売終了いたしました。



モデル名

Microcast Spool CNQ1034 (溝深さ3.4mm)
Microcast Spool CNQ1054 (溝深さ5.4mm)

商品紹介

リール : SHIMANO CULCATTA CONQUEST 101
スプール : Microcast Spool CNQ1034 NAVY
スタードラグ : SD-SH-A NAVY
ハンドル : HO-SH-STA-80 GLD

シマノ CALCUTTA CONQUEST 100、101用 軽量浅溝スプールです。 深溝もありますので、太いラインでご使用いただくことも可能です。 いずれのモデルも、純正のSVSのブレーキシステムを移植することが出来ます。 ブレーキは、純正スプールについている遠心ブレーキを利用可能。 マグネットブレーキは Microcast Brake SHSC-05A が利用できます。

※ご注意※
DCモデルでは、ご利用いただけませんので、ご注意ください。

※弊社製商品についての重要事項


カラーバリエーション

Microcast Spool CNQ1034

パープル

パープル

ネイビー

ネイビー

Microcast Spool CNQ1054

パープル

パープル

レッド

レッド

ネイビー

ネイビー

スペック

基本仕様

材質 スプール部分:超々ジュラルミン(アルマイト加工により着色)
シャフト部分:ステンレススチール
樹脂カラー部:ポリアセタール樹脂
主要サイズ スプール面の直径:下記参照
スプール面の肉厚:約0.25mm
リム部分の肉厚:約0.5mm
適合リール シマノ カルカッタ コンクエスト100、および101
※コンクエストDC100等には、ご利用いただけません

重量について

スプール 糸巻き面の
直径
重量 純正品に対する
重量比
Microcast Spool
CNQ1034
25.9mm 8.8g 65%
Microcast Spool
CNQ1054
21.9mm 8.6g 63%
純正スプール 16.0mm 13.5g -

※純正スプールの重量は、SVSのブレーキユニットを含む重量です。

ラインキャパシティ

スプール 14Lb
φ0.310mm
12Lb
φ0.280mm
10Lb
φ0.262mm
8Lb
φ0.229mm
CNQ1034 70m 75m 100m 120m
CNQ1054 95m 110m 135m 160m

上記数値ですが、ナイロンラインを用い、スプールリムいっぱいまで巻いて測定しております。
詳しくは、(資料 ⇒ ラインキャパシティ一覧) をご覧下さい。

使用方法

1)SVSのブレーキシステムをご利用の場合

コンクエスト101にて説明します。

スプールを取り出します。

遠心ブレーキ(SVS)を利用するためには、純正スプールからSVSの本体を取り外します。 他の機種のSVS同様、きつく圧入されていますので、スプールリムなどを傷つけないよう、 各方向から徐々に引っ張り、外してください。

スプールに取り付けられている白い樹脂部品に、取り外したSVSを押し込んではめます。 止まるまで、押し込んでください。

スプールに組み込めばOKです。 ブレーキ調整は、純正スプールと同じですが、ONにするブレーキブロックの数は少なくてすむはずです。

組み込んだ写真です。
ノブは、Avail製の互換ノブに変更しています。

2)マグネットブレーキ(別売)を用いる方法

コンクエスト101を例に説明します。

スプールを取り出します。 スプールは、そのまま保管してください。

スプールと、別売のマグネットブレーキユニットです。
(Microcast Brake SHSC-05A)
写真のスプールは、溝深さ3.4mmのモデルですが、深溝の5.4mmのスプールでもご利用いただけます。

ブレーキユニットを、『本体枠B受ケ組』の、ベアリングが入っている円筒部に取り付けます。
ブレーキの下部に切りカキがありますが、その部分が写真のような位置になるように取り付けてください。

ブレーキユニットを、一番奥まで押し込みます。 コンクエストの場合、ブレーキユニットのフット部の下には、少し隙間ができる程度まで入ります。

ブレーキ調整は、本体頭部をねじって、磁石の表面の位置を変えておこないます。 写真の上と下では、ねじ部分の見えている量が違いますが、上の方がブレーキが強く効きます。 (磁石が、スプールセンターの平らな壁面に対してブレーキをかけるような方式です)
実際には、こんなに大きく動かして調整することはないかと思います。

スプールを組み込み、『本体枠B受ケ組』を取り付けて完了です。

ブレーキ調整ですが、ブレーキ本体の高さは、販売時には17.8mmに調整してあります。 コンクエスト100の場合、おおよそこの高さでブレーキが効くようになっておりますが、心配な方はもう少し磁石面がスプールに近づくように調整してみてください。 その際、スプールに触れないような位置でご使用ください。
機械ブレーキの調整ですが、ブレーキを効かせなくても、スプールに左右のガタがでないようにしてください。
(磁石と、スプールセンターの壁面の距離が変わってしまうので、ブレーキの効きが不安定になります)

調整は、都度 『本体枠B受ケ組』 を外しておこなってください。
ネジ部は、ピッチ0.5mmとなっております。 頭部を1回転させると、0.5mm出たり入ったりします。

商品購入

スプールリムを用いてサミングをされますと、摩擦によりアルマイトが剥がれる恐れがあります。サミングはスプールの糸巻き面で行って頂きますようお願いいたします。

Microcast Spool CNQ1034:溝深さ3.4mm

2013/12/01
Microcast Spool CNQ1034の価格が9,200円から7,800円へ変更となりました。



本体価格:7430円
Microcast Spool CNQ1034 NAVY
カラー:ネイビー


本体価格:7430円
Microcast Spool CNQ1034 PPL
カラー:パープル

Microcast Spool CNQ1054:溝深さ5.4mm

2013/12/01
Microcast Spool CNQ1054の価格が9,200円から7,800円へ変更となりました。



本体価格:7430円
Microcast Spool CNQ1054 RED
カラー:レッド


本体価格:7430円
Microcast Spool CNQ1054 NAVY
カラー:ネイビー


本体価格:7430円
Microcast Spool CNQ1054 PPL
カラー:パープル

ブレーキユニット



本体価格:2480円
Microcast Brake SHSC-05A
※ネオジム磁石のお取扱いについて