シマノ スコーピオン1000 用 浅溝軽量スプール

シマノ スコーピオン1000 用 浅溝軽量スプール

※販売終了いたしました。


モデル名

Microcast Spool SCP1029 (溝深さ2.9mm)

商品紹介

リール : SHIMANO Scorpion Mg 1001
スプール : Micorcast Spool SCP1029 PPL
スタードラグ : スコーピオン1000シリーズ用 オリジナルスタードラグ PPL

シマノ スコーピオン1000 シリーズの 浅溝スプールです。 溝深さは2.9mmタイプになります。 スコーピオン1000Mg モデルでも、ご利用頂けます。
SCP1029は純正スプールよりも浅溝になります。
※10スコーピオンXT1000 には対応しておりません。ご注意下さい。

ブレーキは純正の遠心ブレーキか、専用マグネットブレーキがご利用いただけます。

※弊社製商品についての重要事項


カラーバリエーション

ネイビー

ネイビー

スペック

基本仕様

材質 スプール部分:超々ジュラルミン(アルマイト加工により着色)
シャフト部分:ステンレススチール
主要サイズ スプール面の直径:下記参照
スプール面の肉厚:約0.25mm
リム部分の肉厚:約0.5mm
適合リール スコーピオン1000、スコーピオン1001
スコーピオン1000Mg、スコーピオン1001Mg
※10スコーピオンXT1000シリーズには対応しません※

重量について

スプール 糸巻き面の
直径
重量 純正品に対する
重量比
Microcast Spool
SCP1029
26.9mm 8.4g 60%
(66%)
純正スプール 1001
(純正スプール 1001Mg)
20.6mm 13.8g
(12.7g)
-

※純正スプールの重量は、SVSのブレーキユニットを含む重量です。
SVSのブレーキユニット単体重量は、約1.8gになります。

ラインキャパシティ

スプール 12Lb
φ0.280mm
10Lb
φ0.262mm
8Lb
φ0.229mm
Microcast Spool SCP1029 70m 80m 95m

上記数値ですが、ナイロンラインを用い、スプールリムいっぱいまで巻いて測定しております。
詳しくは、(資料 ⇒  ラインキャパシティ一覧) をご覧下さい。

使用方法 ブレーキについて

純正スプールについているSVSのブレーキユニットを移植して、遠心ブレーキとして使用する方法がございます

純正スプール付属の遠心ブレーキを使用する場合

ブレーキユニットは、スプールから真っ直ぐに引き抜くことで、外せます。 外したブレーキを、白い樹脂部分に押し込んで取りつけてください。 止まるまでしっかりと押し込んでください。

取り外しの際、純正スプール等を傷つけないよう、気をつけてください。 また、Microcast Spool への取りつけ、取り外しにもご注意下さい。 (ブレーキを交互に持ち上げ、粘り強く繰り返しているうちに浮いてくると思います)
※取り外し、取り付けは、スプールを傷つけないよう、慎重におこなってください。

取り付け前

取りつけると、こんな感じになります。

ブレーキの調整方法については、純正スプールのそれと同じになります。 純正よりも強くブレーキがかかるかと思いますので、使用するコマ数は少なくて良いかと思います。

商品購入

スプールリムを用いてサミングをされますと、摩擦によりアルマイトが剥がれる恐れがあります。サミングはスプールの糸巻き面で行って頂きますようお願いいたします。

Microcast Spool SCP1029:溝深さ2.9mm



本体価格:7430円
Microcast Spool SCP1029 NAVY
カラー:ネイビー